動画

動画

【知能ロボットコース】

知能ロボット研究室では、学習能力を持ち、環境に合わせて自律的・適応的に振る舞えるロボットの開発を通して、知能とは何か、それはいかにして実現されるべきかを研究しています。また、その応用例として、レスキューロボットの開発を行っています。

応用例:ヘビ型ロボット 多足ロボット 二足ロボット
【瓦礫に見立てた現場におけるヘビ型ロボットの自律移動】

このロボットは人が操作しているのではなく自律的に赤い物体を追従しています。

【音源探知ロボット】

このロボットは音の鳴る方に向かって自律的に動きます。アメンボの動きをロボットに取り入れたものです。途中から、動画の再生速度が倍になっています。

【強化学習による自律型ロボット】

ロボットに学習機能を搭載し、たこの足を模倣することにより異なる形状の物体に対して把持、運搬が可能となっています。

【振動する地面において自律移動する二足歩行ロボット】

このロボットは振動する地面において転倒することなく赤い物体を追従します。

【光源を追従するヘリコプター】

このロボットは光源と一定の間隔を保って、自律的に移動します。下等生物の制御の仕組みをロボットに取り入れることで、非常に簡単な仕組みで制御することができます。このロボットには、コンピュータは使われておらず、電子回路だけで自律制御が実現されています。

【不整地において光源方向へ移動するヘビ型ロボット】

学習機能を搭載したヘビ型ロボットです。試行錯誤を重ねることで、光源の方向へ向かうことを学習し、最終的に、光源に到達することができるようになります。