大学院

大学院

ご挨拶

現代の科学技術を支える先端技術を、基礎から応用まで。

マルチメディア、携帯端末、新世代コンピュータ、人工知能、マイクロマシン、ナノエレクトロニクス、ニューマテリアル、地球にやさしいエネルギー。これらのキーワードはすべて電気電子工学と関連しています。
本専攻では、集積回路、半導体デバイス、電子材料、電子物性、通信、制御、エネルギーなどの電気電子工学分野に重点をおき、法政大学イオンビーム工学研究所やマイクロ・ナノテクノロジー研究センターなどの最新設備を利用しながら、現代の科学技術を支える先端技術の基礎から応用までの研究・教育を行っています。
修士課程では、深い学識と、高度専門技術者に必要な能力を養うことを目標とし、社会に有益な先端技術として還元する能力を有する人材を育成します。
博士後期課程では、豊かな学識を実際の研究成果に結実させることにより研究者養成を目標としています。
毎年、国内外で数多くの論文を発表。社会に有益な技術として還元されることを目指しています。

大学院概要

◎ アドミッション・ポリシー(学生の受け入れ方針)

今後の科学技術の発展を担う高度な技術者・研究者の育成を目指し、独創性にあふれた人材を入学させている。
修士課程では、主として学部新卒者を高度職業人として養成することが多い。博士後期課程では主として研究開発能力を育成するため、基礎的な能力の確認のみならず、独創性の高い研究実践能力を優れて発揮できる人材を求めている。

◎ カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

今後の科学技術の発展を担う高度な技術者・研究者の育成を目指し、独創性にあふれた人材を入学させている。
修士課程では、主として学部新卒者を高度職業人として養成することが多い。博士後期課程では主として研究開発能力を育成するため、基礎的な能力の確認のみならず、独創性の高い研究実践能力を優れて発揮できる人材を求めている。

◎ ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

わが国の基幹産業分野であり社会から要請の高い電気電子工学を対象とし、研究能力や高度の専門性を要する職業に必要な能力を持つ人材の養成を目的としている。
修士課程では、先端研究とその他業務を担える広い視野に立った学識と高い研究能力を有し、理論と実践を通じて高度な専門知識を習得した高度技術者・研究者を育成する。
博士後期課程では、高度な研究・開発を遂行し得る独創性を持ち、研究者として自立して研究活動を行う素養を有することを学位授与の基本方針としている

専任教員と担当科目

伊藤 一之 教授
知覚情報処理・知能ロボティクス、知能機械学・機械システム、システム工学、強化学習の汎化に関する研究、操作性を考慮したレスキューロボットの開発、生態心理学の自律ロボットへの応用
知能ロボット特論 知的制御特論 知能システム化技術特論 電気電子工学特別研究、電気電子工学特別実験
栗山 一男 教授
電子物性工学
中性子、イオンビームによる化合物半導体の電気的特性の改質:特に伝導機構の次元性制御、ワイドギャップ半導体の結晶成長と光物性イオンチャネリング法による結晶性評価、走査型トンネル顕微鏡、原子間力顕微鏡による表面原子配列、電子構造の評価、シリコン基板上への超小型リチウム
2次電池の埋め込み技術の開発
電子物性工学特論1/2 電気電子工学特別研究 電気電子工学特別実験
斎藤 利通 教授
非線形回路、ニューラルネット、群知能、パワーエレクトロニクス
スパイキングニューラルネットの動作解析と信号処理への応用、再生可能エネルギー供給回路の現象解析と動作最適化、リコンフィギュラブル多機能デジタル回路の合成、カオス発生回路の合成と分岐現象の解析
回路工学特論2 電気電子工学特別研究 電気電子工学特別実験
柴山 純 教授
機能素子工学
テラヘルツデバイス、センサデバイスの開発、高効率差分時間領域法
情報通信工学特論、電気電子工学特別研究 電気電子工学特別実験
安田 彰 教授
電子回路工学、制御工学
通信・情報処理機能やインターフェイス機能等を半導体上に集積するための基礎技術および応用技術についての研究、スピーカ、モータ等アクチュエータのデジタル直接駆動方式の基礎技術および半導体を用いた実装技術の研究
回路工学特論1 電気電子工学特別研究 電気電子工学特別実験
山内 潤治 教授
通信伝送工学、電磁波伝送工学
光波伝送工学、サブ波長光学素子の開発、表面波伝送素子の応用
通信伝送工学特論1/2 電気電子工学特別研究 電気電子工学特別実験
山本 康博 教授
電子材料工学、ビーム応用工学
新機能デバイス実現に向けた半導体・誘電体薄膜材料の形成技術開発
電子材料工学特論1/2 電気電子工学特別研究 電気電子工学特別実験
岡本 吉史 准教授
計算電磁気学、高速大規模電磁界数値解析、トポロジー最適化手法、並列計算
電力・エネルギー工学
数理計画、電気電子工学特別研究、電気電子工学特別実験
中村 俊博 准教授
ナノ光物性工学

設置科目

◎ 修士課程 ※()内は単位数
  • 回路工学特論1/2(各2)
  • 電磁波通信工学特論1/2(各2)
  • 通信伝送工学特論1/2(各2)
  • 応用電磁気学特論(2)
  • 電磁力学特論(2)
  • 半導体デバイス工学特論1/2(各2)
  • 電子材料工学特論1/2(各2)
  • 電子物性工学特論1/2(各2)
  • 知能ロボット特論(2)
  • 知的制御特論(2)
  • 集積回路特論1/2(各2)
  • 半導体工学特論(2)
  • 半導体プロセス工学特論1/2(各2)
  • イオンビーム応用工学特論(2)
  • 電力システム工学特論1/2(各2)
  • 磁性工学特論(2)
  • パワーエレクトロニクス特論(2)
  • 制御工学特論1/2(各2)
  • 情報伝送工学特論1/2(各2)
  • 応用数学特論(2)
  • コンピュータ・グラフィックス特論(2)
  • 通信機器工学特論1/2(各2)
  • 集積化光エレクトロニクス工学特論(2)
  • オペレーティングシステム特論(2)
  • マイクロ波トランジスタ工学特論(2)
  • 知能システム化技術特論(2)
  • ロボティクスシミュレーション特論(2)
  • 数理計画(2)
  • ナノ材料工学特論(2)
  • 機械学習特論(2)
  • 光電変換デバイス工学特論1/2(各2)
  • 電気化学エネルギー工学特論(2)
  • 生体センシング エレクトロニクス特論(2)
  • マルチメディア通信特論(2)
  • 情報通信工学特論(2)
  • 有機エレクトロニクス工学(2)
  • 電子材料プロセシング(2)
  • 電気電子工学特別研究(6)
  • 電気電子工学特別実験(4)
◎ 博士後期課程 ※()内は単位数
  • 回路工学コアスタデイ(2)
  • 通信工学コアスタデイ(2)
  • マイクロ・ナノ工学コアスタデイ(2)
  • エネルギー工学コアスタデイ(2)
  • 制御工学コアスタデイ(2)
  • 回路工学特別研究(9)
  • 回路工学特別実験(6)
  • 通信工学特別研究(9)
  • 通信工学特別実験(6)
  • 半導体デバイス工学特別研究(9)
  • 半導体デバイス工学特別実験(6)
  • 電子材料工学特別研究(9)
  • 電子材料工学特別実験(6)
  • 電子物性工学特別研究(9)
  • 電子物性工学特別実験(6)
  • 制御工学特別研究(9)
  • 制御工学特別実験(6)
  • エネルギー工学特別研究(9)
  • エネルギー工学特別実験(6)

研究室紹介

知能ロボット 研究室 / 伊藤 一之 教授

環境に合わせて自律的・適応的に振る舞えるロボットの開発。知能ロボット研究室では、学習能力を持ち、環境に合わせて自律的・適応的に振る舞えるロボットの開発を通して、知能とは何か、それはいかにして実現されるべきかを研究しています。★研究業績へリンク

電子物性工学 研究室 / 栗山 一男 教授

シリコン基板埋め込み超微小固体リチウム2次電子の開発。マイクロ・ナノエレクトロニクスの基礎となる電子工学分野、特に「レーザーを用いた半導体からの発光現象」や「シリコン基板埋め込み超微小固体リチウム2次電子の開発」を行い、微小電気機械システム(MEMS)用電源への応用を目指しています。★研究業績へリンク

回路デザイン 研究室 / 斎藤 利通 教授

脳の情報処理機能に学んだ電子回路の構築。パソコン,クリーンエネルギー供給装置,など,社会生活になくてはならない製品は、電子回路なくして成立しません。このような技術を大きく発展させるために、脳の情報処理機能に学んだ電子回路の構築等の基礎研究を行っています。★研究業績へリンク

機能素子工学 研究室 / 柴山 純 教授

未開の電磁波領域であるテラヘルツ波を用いたデバイス・センサの開発。テラ ヘルツ波を用いたデバイスや,資料を高感度に測定できるセンサデバイスなどの機能素子の電磁波解析を行っています。また、これらの解析を効率よく行うための時間領域解析法の開発を行っています.得られた成果を学会で積極的に発表しています。★研究業績へリンク

半導体システム工学 研究室 / 安田 彰 教授

電子回路をさらに高性能化させ生活を豊かにする新たな機器を考案。携帯電話を始めさまざまな電子機器は、電子回路を用いることで離れた場所の音声や映像を伝え、電気自動車のモータを回転させるなどの複雑な動作を実現しています。私の研究室では、電子回路をさらに高性能化させ、センサや電子回路を用いることで皆さんの生活を豊かにする新たな機器を考案しています。★研究業績へリンク

電波光波伝送工学 研究室 / 山内 潤治 教授

電磁波を理論的に扱い新たな情報通信デバイスを開発。光波に代表される電磁波を理論的に扱い,新たな情報通信デバイスを開発することを目標としています。私のゼミの学生は突き詰めた議論により内容を充実させ、毎年高度な研究成果を発信し続けています。国内外での学会活動も活発に行われています。★研究業績へリンク

電子材料工学 研究室 / 山本 康博 教授

高速電子デバイスを実現するための半導体および誘電体材料の研究。次世代の高速電子デバイスを実現するための、半導体および誘電体材料の研究を行っています。各種の物理的・化学的手法を用いた、結晶性・非結晶性薄膜の堆積のほか、光速の数分の1程度まで加速したイオンビームを用いた材料の評価や特性改善に取り組んでいます。材料の研究は科学技術の発展に欠くことのできないものであり、一生の仕事とするに足る分野です。★研究業績へリンク

情報電磁気学 研究室 / 岡本 吉史 准教授

地球規模のエネルギー問題を解決すべく、有限要素法等による高度な電磁界数値解析技術を援用した電気機器の省エネルギー設計手法を開発し、機器の究極の形を追及しています。得られた研究成果を国内外の学会で積極的に発表し国際的に権威のある学術雑誌への投稿にも毎年チャレンジしています。★研究業績へリンク

ナノ光物性工学研究室 / 中村 俊博 准教授

次世代発光デバイスへの応用を目指して、半導体などの発光材料の開発や新奇発光物理現象の探索に関する研究を進めています。特に、液中レーザー照射法を用いたシリコンナノ結晶の創製や、酸化亜鉛微粒子等で構成される半導体ランダムレーザーの特性評価、金属ナノ構造を用いたプラズモニクス発光制御、新奇無機蛍光体材料の開発に取り組んでいます。 ★研究業績へリンク