知能ロボット 研究室

研究室紹介

知能ロボット 研究室 / 伊藤一之 教授

■ 研究テーマ

知能ロボット研究室では、学習能力を持ち、環境に合わせて自律的・適応的に振る舞えるロボットの開発を通して、知能とは何か、それはいかにして実現されるべきかを研究しています。最近は特に、コンピュータにより実現される知能の枠組みに加え、ロボットの機構的な性質と環境の力学的な性質により実現される新しい知能の枠組みについての研究にも力を入れています。また、その成果は、災害現場において生存者を探索するためのレスキューロボットの開発に活かされています。

・知能ロボット研究室で開発されたロボット

■ 研究・教育活動

研究室に配属された4年生は、各自が異なる自分だけのテーマを定め、卒業研究に取り組みます。その後約半数の学生は大学院に進学し、研究をさらに深めるとともに、その成果を国内外で開催される学術講演会で発表しています。
・大学院生による研究成果発表
・研究室でのロボット制作風景

■ 研究室の主な受賞(教員・所属学生)

2003年9月 伊藤一之  日本ロボット学会研究奨励賞
2004年3月 伊藤一之  船井情報科学振興財団 船井情報科学奨励賞
2004年7月 伊藤一之  岡山工学振興会 科学技術賞
2008年12月 平山晃弘,伊藤一之 SICE SI2008 優秀講演賞
2011年11月 下舘侑弥 SSRR2011 Young Author’s Award
2012年10月 伊藤一之, cccc 消防庁長官 優秀賞(消防防災機器等の開発改良 一般の部)
2012年11月 伊藤一之,黒江総,小林敏治 IEEE Intelligent Systems 2012 Best paper award
2013年 1月 伊藤一之 第八回 競基弘賞 (学術業績賞)
・国際会議で研究成果を発表